デイサービス集客を、もっと楽しくする新しいトビラ

【6月】ミニ講座のお知らせ

 

どうも藤見です。いつもメルマガを読んでいただいてありがとうございます。

今日は先日メルマガでも触れた「自己成長の鍵を握るジョハリの窓の使い方講座」についてのお話をします。

クライアント先でマーケティング会議や研修をしている中で「チーム作り」や「リーダーの育成」が必要なタイミングになると必ずと言っていいほど「ジョハリの窓」を伝えてきました。

そしてまた、最近一緒に仕事をしている法人の若手や新入社員を対象にしたマーケティング研修の中でも講座をしてきました。

自己成長というものを考えた場合、それは「マーケティング」の領域ではなく、どちらかと言うと「マネジメント」の領域に関わることかなとは思いますが、それをマーケティング研修の中で触れるのには僕なりの考えがあります。

 

数字と人の両輪をバランス良く回していくことが大事

それはつまり、マーケティングで「数字(=売上)」だけを追いかけてもいけないし、逆に「人」だけを大事にして数字をおざなりにしてもいけない。どちらも意識することが大事という前提が僕にはあります。

その前提で「人」の部分を伸ばそうと考えるなら、まずは自分の殻を破るためにも「ジョハリの窓」を活かせるかどうか(使えるかどうか)が分かれ道になるかな、と思っていたりします。

ちなみに、

そのことについてメルマガで触れたところ「興味があるので知りたい!」「どのような内容か気になる」という声があったので、60分程の「ミニ講座」という形式でお伝えしようかなと思った次第です。

 

大袈裟な表現ではなく、僕の考え方が180度変わるきっかけでした

そもそも「ジョハリの窓」というのは自己分析の1つです。したがって、これだけを理解すれば今ある自分の問題、チームの問題のすべてが解決するというものではありません。

ですが、「ジョハリの窓」を上手く活用することが出来るなら、問題解決の糸口は見つかるかもしれないとは思います。

そう言えるのは、僕自身がこれを教わったことで180度考え方が変わった経験をしているからです。

僕の過去について少しお話します。

20代前半の僕はある飲食店の店長として30人以上のアルバイトと部下の社員を率いている時期がありました。

アルバイトや部下と言っても自分とそこまで年は離れていませんでしたが、当時の僕は調理師として仕事をしていたこともあって、提供する料理に対してのこだわりや向き合い方がとにかく厳しくて、中途半端な仕事をするスタッフに対しては躊躇なく怒鳴り散らす(今思うと本当に最低の鬼)店長でした。

何事も自分からの視点でしか見られない、そんな状態でした。

他の店長達よりも人一倍仕事に対する熱量を強く持っているし、担当店舗を繁盛させたい気持ちも強い。そのために欠かせない料理に対する知識や姿勢、お客様に対する接客やおもてなしについては必死に学んでいました。

そのおかげもあって初めて店長を任された店舗は順調に売上を伸ばすことが出来たのですが、一方で「自分自身の成長やチームメンバーの育成」については何一つ学ぶことをしていませんでした。

自分に出来ることが出来ないのはその人の努力が足りないせいだ、そう切り捨ててしまうところもありました。

そして、ある時「自分視点でしか物事を考えられないこと」が原因で一人のアルバイトスタッフの心をひどく傷付けてしまうことがありました。(詳しくは講座の中でお話します)

「どうして言った通りに出来ないんだよ!やる気がないなら帰れよ!」

スタッフに対してそんな乱暴な言葉を躊躇なくぶつけて、ひたすらストレスとフラストレーションを抱えながら店舗に立つ日々でした。

ふと気がつくと、仲間であるはずのアルバイトスタッフを泣かせてしまい、彼らの気持ちに近づいてあげることもできず、売上の伸びとは反対にスタッフとの関係性は崩壊寸前までギスギスしたものになっていきました。

誰とも心が通わない時間を過ごすのは本当に辛いものです。(当然、彼らスタッフも辛かったはずです)

「嗚呼、なにをしても、なにも上手くいかない…」

体力が疲弊するだけじゃなく精神的にも相当に疲れていました。(もちろんその原因は自分の未熟さ、成長不足が原因ですが)当時は何をどうすれば状況が改善するのか分からず、もがいている感じでした。

きっと何かを変えなければいけない。だけど何をどうすればいいかわからない。

僕がそんな状況にいる時に、ある一人の上司からこの「ジョハリの窓」について教わりました。

詳しい解説については講座の中でやっていきますが、当時初めて「自分の知らない自分がいてね・・」と上司に教えられたのを覚えています。

ただ、その時の僕は「自分の知らない自分」という存在がすぐには飲み込めませんでした。

さらには、今でもハッキリ覚えているのですが・・

「てか、自分は自分でしょ?自分の知らない自分ってなんなん」

と、その上司に食って掛かったのを覚えています。(ホント最低野郎です。猛烈に反省してます。)

もうお気付きだと思いますが、20代の僕はめちゃくちゃ生意気でした。でもそんな自分に対して諦めずに引き下がらずに何度も何度もメールを送ってくれたり、何時間も向き合って話をしてくれた当時の上司には本当に感謝しかありません。

たぶんこの時この上司に諦められていたら、今の自分はないとさえ思えます。

その後、何度も膝を付き合わせて教えてもらった「ジョハリの窓」をきっかにして、店舗のチーム作りも好転するようになり、あらためて「人」の車輪の大事さを痛感することができました。

ただし本当に理解をしてしっかり腑に落とすことができるまでに半年ほど時間は掛かりましたが・・。

ミニ講座でお話すること

このジョハリの窓は「知識」として知っているだけでは日常はあまり変わらないと思います。(当時の僕が「だからなんなん?」と言ったのは極端にひどい例ですが、そんな感じで終わっちゃうと思います)

もちろん、「知識」があることに越したことはない、とは思いますが、知識自体よりも「その知識を使える状態にしておくこと」に価値があると思っています。

なので、講座の中では自分自身が本当に成長しようと思った時に「どのように使うのか?」、そして実際の現場でメンバーと関わる時に「どの窓をどのように開けるのか?または迎え入れるのか?」そういった使い方ついてポイントを絞って伝えていきたいと思っています。

もちろん先程触れた僕の失敗談や大失敗談もお話します。(身の毛もよだつ怖い思い出ばかりです)

ちなみに、

すでにジョハリの窓について興味のある方は、事前にネットでググって予習をしてもらって大丈夫です。そこに書いてある情報を「知っただけ」にならないように「どうやって活用するのか?」について講座でやっていこうと思います。(予習する時間がない方はゼロベースで参加しても大丈夫です)

こんな方にオススメ

今この文章を読んでいる時点で「自分の言葉でジョハリの窓について説明ができる」のなら、今回の講座をスルーしてもさほど問題はないと思いますが、もしそうでないとしたら…、少し知ったところで止まっているとしたら…、翌日人に説明が出来るほど簡単にまとめているので是非聞いて欲しいな、とは思います。

とはいえ、一体誰が対象なの?と言うと…

元も子もない表現で言うと「全員です」になるのですが、その中でも20代の若手の方や、新入社員の方には(僕の講座がきっかけにならなくてもいいので)どこかのタイミングで「ジョハリの窓」については学んでみて欲しいです。

成長を意識している人ならなおのこと、未知の窓(まだ誰も知らない自分)を見つける方法を知って欲しいです。いずれチームリーダーになり、多くの人と関わる場面で必ず活かされるはずなので。

もし学びたいタイミングとこの講座のタイミングがうまい具合に重なったなら、それはそれで何かの縁です。ぜひお待ちしています。

その他にも、

すでに部下やメンバーを持っているリーダーや役職のある人にもオススメです。僕が当時の上司から「ジョハリの窓」を教わったことで自分の周りの状況が好転したように、あなたの部下やメンバーに対しても同じように教えてあげて欲しいと思います。

僕が失敗したことと同じ失敗を未然に防ぐことができるかもしれません。

まとめると、

自己成長を望む人、もしくは自己成長を促す側の人、どちらのタイプの人も知って損はないし、大切な何かを失う未来を回避することができるかもしれない。とは思っています。

ミニ講座の参加料金

気になる参加料金ですが、今回のミニ講座は「1,100円」です。

ミニと付けているように60分という短い時間にしたことと、なによりも新人や若手の方に参加してもらいやすい金額設定にしました。

すぐに活かせる「使える知識」になるとは思いますが、マーケティングやセールススキルをお伝えするセミナーではないのでリラックスして一冊の本を読むくらいの感覚で参加してもらえればと思っています。

ちなみに、今回はクレジット決済になります。詳しくは参加フォーム送信後の「自動返信メール」をご確認ください。

ミニ講座の日程と時間

6月13日(日曜)

昼の部:14時~15時(終了)
夜の部:20時~21時(終了)

6月16日(水曜)

夜の部:20時~21時

※1枠あたり3名までになります。

※日曜日のみ昼の部があります

※講座自体はそれぞれ60分ですが、少し時間に余裕のある方(残れる方)は少しだけ延長して質問タイムをするかもしれません。

参加する方へ

参加方法はZoomを使ったオンライン形式になります。

コミュニケーションを取りながら進めていきたいので、基本的にはカメラをONの状態でご参加いただいています。ただし自宅から参加する方で「カメラ越しに子供達がいたずらしてしまう汗^^;」など特別な事情がある場合は申込みフォームのコメント欄で教えてください。

参加する場所はWi-Fiが安定している場所なら会社でも自宅でもどこでも構いません。

ということで、6月のミニ講座紹介は以上です。

ジョハリの窓が自己成長やキャリアップの「きっかけ」になったという人は今までにも沢山いるので、今回参加される方にとっての「きっかけ」になることがあれば、とても嬉しく思います。

それでは、また当日お会いできることを楽しみにしています!

ありがとうございました!

藤見。

参加をご希望される方はこちらのフォームから申請をお願いいたします。

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2021 All Rights Reserved.