デイサービス集客を、もっと楽しくする新しいトビラ

新規の受け入れを止めるという判断の先にある未来は…

FUJIMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

この話は自分の軸足をどこに置くかによって捉え方や考え方が変わる話だと思います。正解は1つじゃないと思いますが(こうした話を聞いた時の)僕なりの考え方を書きますね。ぜひ最後まで読んでみてください。

どうも藤見です。

「この近くにコロナが落ち着くまで新規の受入れを止めたデイサービスがある」という話をあるクライアントさんから聞きました。

まだ相変わらずコロナ禍は続いていますが、介護事業をメインに経営している僕のクライアントさん達のほとんどは「コロナに気持ちを引っ張られず、どんどんビジネスやっていこう!」ということを共有しています。

なので、一時的に売上が落ち込んでしまうことはありますが、スタッフみんなで団結して集客も立て直しをして傷口が悪化しないように頑張っています。

一方で、

冒頭のようにコロナが落ち着くまでは新規の受け入れを中止する」という判断をしたデイサービスもあるようです。その事業所が決断したことなので他人がとやかく言うことではないですが、その話を聞いた時僕の感覚としては「ちょっと危険な判断じゃないかな」と思いました。

というのも、

「コロナが落ち着く」という状態があまりに漠然とした尺度なので、このままだと新規集客が出来ずに事業所が止まってしまうのではないか、と思ったからです。

会社にとってのお金は人間にとっての血液のようなもの

綺麗事を抜きにして言えば、介護をボランティアではなくビジネスとして経営している会社にとって「売上」という存在は人間の血液のようなものです。

常に循環させないと危険な状態になってしまいます。

大きな資金源があれば話は別ですが、一般的な中小企業がこのまま何ヶ月も新規を止め続けることはおそらく不可能なので、必ずどこかのタイミングで集客をしてお金を入れなければ持ちません。

つまり営業を再開しなければ倒れてしまうわけです。

先ほどの話のどこに「これは危険だな」と感じたのかと言うと「コロナが落ち着くまでは新規を中止にします」ということは「コロナが落ち着いたら新規の受け入れを再開します」という解釈になるわけですが・・・

冷静に考えてみてください

「コロナが落ち着いた状態ってどんな状態を指すの?」

これ(↑)答えられる人っていますか?

コロナが落ち着いた状況ってあまりにもあやふやじゃないですか?

おそらく新規の受け入れ中止にする判断をしたデイ管理者さんは顧客を守るという正義感からそのような判断をしたと思うのですが。(その判断が◯か✕かではなく)もし新規を止めるのなら、再開のタイミングはもっと具体的に判断が出来る状態を指して行うべきだった、と思うんです。

だって、もう日本中が気付いてきていると思いますが、落ち着いたかどうかはほぼメディアの報道次第じゃないですか。

「1日の感染者が200人います」
「まだ気は抜けない状況です」
「◯◯でクラスターが発生しました」
「◯◯県でもクラスターが!」

と、毎日のように特化した情報を見せられていると、テレビを見る多くの(主に高齢者の)人の中で「まだ危機的状況なんだ」という空気感は作られていくので、そうなると「コロナが落ち着いた」とはいつまでも言えません。

つまり「新規の受け入れを再開します」とは言い出せないわけです。

その後の様子を伺うと

すでにそのような判断をして周囲の関係各所に伝達してしまったおかげで、今も受け入れの新規の受け入れを再開していないそうです。

落ち着くまで中止すると言ったからには、数字上で陽性者が増えている状況では再開の辻褄が合わない、というのが理由のようです。

そしてさらには「正直このままだと経営がやばい」と話しているみたいです。

こうした場面で政府が支援すべきだ、という意見も確かにあると思うのですが、それを待っている間に自分たちが倒れてしまっては元も子もないわけです。

もちろん、コロナは危険じゃないなんて言うつもりもないですが、今いる利用者さんがこれからも利用を続けられるためにも、「感染拡大予防の対策をしながら新規の受け入れを再開します」という方向にして、新たな血液を循環させた方がいいなと思いました。

一時の感情、曖昧な基準でお店のお金を止める判断が何を意味するのか。正義感だけでは守れないものがあると思います。

追伸:

あとこれは個人的な意見ですが、

僕はコロナが落ち着く日は来ないと思うんです。その代わり、コロナに対する認識がようやく落ち着いた日というのは来ると思ってます。

早くその日が来て欲しいと思います。

 

無料メルマガ登録特典
介護ビジネス集客セミナーの収録映像(合計92分)

介護集客のコツがよくわかる動画。
▼詳しくはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2020 All Rights Reserved.