デイサービスや老人ホームの集客をアップデートしよう!!!

大事な『自責』についてもう一度復習しておこう

FUJIMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

1年目や2年目の頃はなにかと不安がいっぱいだと思う。

特に管理者やリーダー職のように人の上に立って仕事をするようになって間もない頃は、自分が判断することの一つひとつが正しい(正解)かなんてわからない。今までの仕事の中でやったこともない(判断したことがない)ことを初めてやるわけだから正否に自信が持てないことのほうが普通なんだけども、当の本人としてはそれでもやはり「本当にコレでいいのか?」と疑心暗鬼になってしまうものだと思う。かくいう僕も24で初めて店長を任された時は不安でいっぱいだった。

不安でいっぱいだからといって表情に出すと周囲のメンバーは余計に不安になるだろうから必死に表情だけは崩さないように気を付けてはいるけれど、誰かが変わって決断してくれるわけでもなく、誰かに回答を用意してもらうことも出来るわけもなく、冷や汗の連続で次から次と判断をしなきゃいけない日々は続く。

そんな日々を送っている若い管理者や施設長、リーダー職の人がしなければいけないこと(唯一出来ることと言ってもいい)は、自分が決めた判断の行方をしっかりと直視し、結果を受け入れること。

今の御時世、どこの新人研修でも教えてくれるような「自責と他責」という言葉。

この言葉を一度は聞いたことがあるかもしれないけれど、じゃあ日常から実践できてる?と聞かれて即答できる人はやはり少ない。

なのでここで改めて自責を理解しておこう。

一言で言えばこう。

「環境がどうあっても自分から環境に働きかけようという心の状態」

のことで、さらにもう一つ追加しておくと「自責は自分を責めることではない、自分を責めてしまうと不幸につながる」ということも非常に重要です。

誤った判断をしてしまった時に、反省をすることは必要だと思いますが、二度同じ間違いを繰り返さないために反省したあとは、「そこから学びを得て、対策を立てて前向きに一歩踏み出す行動が求められる」ということです。

僕はこの自責という言葉は自己成長を望んでいる若手管理者、施設長、リーダー職には欠かせない意識だと伝えています。

というのも、自己の成長を本気で考えるには「すべての問題を自己の問題と捉えて、自分の思考と行動を変化させること」で、目の前の壁を乗り越えていくことがその人にとっての最高の成長になると考えるからです。

これは店長になりたての頃に学んだ中でも非常に心の支えになっている考え方です。

まだ若いあなたがモジモジして決断を先送りにするような上司になってはダメです。

自分の成長のためにもまずは自責で目の前の判断と向き合っていくことが必要です。

 

無料メルマガ登録特典
介護ビジネス集客セミナーの収録映像(合計92分)

介護集客のコツがよくわかる動画。
▼詳しくはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2018 All Rights Reserved.