デイサービス集客が、今よりもっと楽しくなる!

保険外サービスの需要を確かめたい時に使えるアンケートを作りました※真似してOKです

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも藤見です。

今日はタイトル(件名)通りの結論なのですが、今後実施しようと考えている保険外サービスがあるけれど本当にこのまま進めていんだろうか?と悩んでいる人に是非やってもらいたい内容です。

ここを踏まえておくことでアクセルをぐっと踏み込むことが出来ると思います。


今本当に多くの介護事業所が、どんな保険外サービスがいいのだろう?であったり、今考えているコレって本当に求められてるのかな?といった不安にぶつかっていると思います。

おそらく、

「保険外を完全に無視してこの先も保険内だけでやっていく!」と決断している人の方が少ない、と言ったほうがいいかもしれません。

3軒隣のデイサービスも隣町の介護施設もわざわざ声には出さないけど、「介護保険内だけで勝負していくとジリ貧じゃないか?」ということに誰もが気付き始めていると思います。

(大資本で街全体を包み込める法人や企業は別として)

そういった市場の流れの中で「ウチも何か始めなきゃ」「とはいえ、どうしようかな」と悩んでいる人もいれば、冒頭のように「やろうと思っていることはあるんだけど、ここに全力投球して大丈夫かな」と言った不安を抱えている人もいると思います。

初めての挑戦を前にすると、どうしても不安は付きまとうものです。

その不安との向き合い方として、社内で会議を重ねて議論を続けるのもいいのですが、実際に目の前にいる利用者さん(その家族、関係者)に直接聞いてみるといったシンプルな策もあると思います。

とはいえ、0から文章を考えて作るのは言葉が思い付かないという人も居ると思いますので、今回はそういった場面で使えるアンケートを公開します。

保険外サービスの需要を確かめたい時に使えるアンケート

まず、アンケートの説明は次のような書き出しで始めています。

アンケートのお願い

 この度、【事業所名・法人名】ではより一層の活性化が期待される公的保険外サービスの導入を視野に入れることで、今まで以上に皆様のニーズに合致した付加価値の高いサービスの充実を実現させていきたいと考えています。つきましては「保険サービスとは別でこのようなサービスがあれば嬉しい!」など、ご利用者の皆様、そしてご家族の皆様のご意見をお聞かせいただけないでしょうか?何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。

続いて問いの部分で

【01】介護保険外のサービスとして、「こんなサービスがあれば利用してみたい」と思う項目にマルをお願いします。(3つまで)

と、問いかけた上で様々な取り組みを選択できるようにしています。

選択肢は18個程用意してあるのですが、実はこのアンケートには裏ネタがあります。

それは、「あれば利用してみたいサービスを3つ選択してください」としていますが、実はこの選択肢の候補の中には、”すでに自分たちが企画している取り組み”を忍ばせてあります。

つまり、「このアンケートで得票率の高かったものを実施しよう!一番ニーズがあるのは何かな?」を知ることを狙いとしたアンケートではなく、「●●●ってどのくらい欲されているのかな?」を確認するためのアンケートにしているわけです。

というのも・・・

保険外サービスに限らず言えるのですが、一生懸命0からサービスを設計して価格も決めて実施方法もシュミレーションして、沢山のコストを投じて、ようやくすべてを作り上げてから蓋を開けてみると欲しい人が一人もいなかった…ピエン(泣)、こうなってしまうことが一番こわいですよね。

だから

先にこの方向で進めて大丈夫だろうか?といった不安を埋めるための材料が欲しかったわけです。

ちなみに、次の02では

今後【事業所名】に期待することや、施設内外を問わず実施して欲しいサービスや取り組みがあればご記入ください。

こうした設問を作って自由に記入出来るようにしています。

01だけで終わりにしてもよかったのですが、日頃頻繁に顧客アンケートを実施していない場合はこうした自由記入欄を用意しておくと「様々なご意見」を受け取ることが出来ると思いますし、もちろんその意見を踏まて考えることも有りだと思います。

今回このアンケートを実施した事業所の結果は…

さっそく、このアンケートを使って声を集めた事業所では(7月末を回答期限として)、すでに90枚以上の回答が集まりました。

その結果を集計したみたところ・・・、ベスト3の得票数(全体の10%以上)を獲得した項目の中に現在進めている企画が(思った通り)含まれていました。

「うんうん、やっぱりコレは人気あると思ってた」というのが正直なところですが、結果を見るとより安心感は増しますし、まだまだ企画段階だとしても価格やサービス内容を決めてゴールに向かっていく上での推進力は得られると思います。

もちろん、いざ発表してみると「この値段ならやっぱりいらない」とか「この内容なら自分は必要ない」といった人は一定数いると思いますし、こうしたアンケートを実施する労力は必要になるので多少のコストは掛かりますが、さっき言ったように「すべて作り上げた後に一人も欲しがる人がいなかった…」になってしまうよりはいいかなと思います。


というわけで、

今検討している保険外サービスが「これってどうなんだろう?反響あるのかな?」と不安になった時は、こうやって先に確認してみるというのも一つの手だと思います。

ここで紹介している設問文を活用したい場合は、そのまま真似(コピペ)して使ってもらって大丈夫なので、是非お試しください。

追伸:

こうしたアンケート結果はあくまでも材料の一つとして考えてくださいね。

顧客の声に振り回されることがないように注意してください(^^)

それでは、また!

メルマガ登録特典
介護ビジネス集客セミナー
収録映像(合計92分)が無料視聴できます

介護集客に取り組む方にオススメの内容はコチラから▼
メルマガ登録者限定のオンライン講座もやっています

この記事を書いている人 - WRITER -
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2021 All Rights Reserved.