デイサービスや老人ホームの集客をアップデートしよう!!!

イベントは点ではなく線で考える(1/3)

FUJIMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

これは僕が過去に配信したラジオ音声を文字起こししたものです。

音声で聞きたい場合はこちらにあります。
音声バージョン

デイサービスとかの行事とかイベントって

業界特有にあって

ま、これ短い話なんやけど

点で終わるイベントに全力投球していく
デイサービスがあるねん


かたや、俺はどっちかと言うと
どうアドバイスするかと言うと 

点が線になるようにイベントを
した方がいいよ

って言うのね

この辺の話はたぶんね業界歴が長い人ほど点で終わる側で、

「イベントってお花見とかそう言う?」

そうそうそう例えばそういう。

それが点で終わるって
どういうことかって言うと


もうピークが当日で、

一旦そのピークまでのエネルギーを高めたんであれば、

なるべくならそれを持続させた方が効率は絶対いいはずやねん

・・でも

じゃあ春はお花見、夏はお祭り、秋はもみじ、冬はクリスマス、お正月はお餅つき、お節料理、2月は節分、3月おひなさんみたいに

俺らが学校でなんとなく季節的行事イベントも身にしみてきてるから

それに対してそんなに違和感はないと思うけど

でも

これを、じゃあ会社の中で、それこそ従業員にお金払って給料払って仕事してもらってるなかで、お花見にピークを持っていって仕事されても社長は困るんだよなと。

じゃあ何がどうなっていたら困らないかって言うと

その点と点と点と点が全部繋がって、

一個一個に「よしやるぞー!お疲れ様」「よしやるぞー!お疲れさま」

じゃなくて


「よしやるぞ!これをこのままこうやろうぜ」で

こうしようぜ!ああしようぜ!」って言う

雲梯(うんてい)で進んでいくような感じの進み方をすると

最初にやろうぜと思った
エネルギーが続いていくから

これは運営的にも経営的に集客的にも

すごいプラスになることが多いなと思うけど

全部一発屋みたいに終わらせてしまう場面も結構本当目にするんだよね。

 

それは駄目だよっていうことは言いたい(笑)

ダメだよとは言いたい。

 

ダメだよの理由は
労多く益少しだから・・・本当に

一番最初によく注意してることは・・・

 

イベントってどういう集客の仕方ができるかって言うと

まず当日の前では事前告知ができるやん

イベントの使い方としては露出のさせ方、口実かな

で、イベント一個やるってなった時に事前の告知とかせずに

身内だけで遊ぶとか身内が楽しむってことがほとんどなのよ業界は

来てくれてる方たちが喜ぶイベントをやる

それに全力投球みたいな

それはそれでいいんだけど

やってることって完全なる既存客の満足度アップで

新規集客とか、まだウチを知らない人に知っていただくとかっていう頭ではないのね

それだと社長は困るわけよね当然ながら

 

ウチも知らない人にイベントを口実に知ってもらおうと思ったら

事前告知ができるし当日を迎えた後でも事後報告ってできる

だから本来イベントって3回美味しいところがある


事前告知タイム
当日楽しんでるタイム
事後報告タイム


この三つの時間が

一つのイベントが付きまとってくるわけよっ。

 

てなったら


事前報告してる時には、ある別のイベントの事後報告がかぶってきたりするんねん


イベントが終わった後の事後報告をする時に次のイベントの事前告知が出来たりするわけよ


・・・っていうように

 

繋げていくと年中あの事業所とかあの場所は何か楽しみを作り出している

 

人の前に出て行く面積が広がるから露出が増えるってすると

新規のお客とかも来る窓口とか、きっかけはすごく作りやすいんだけど

その事前も事後もしてない場合って極端に言ったら

 

教室の中に張り紙貼って「明日はお花見会やります」

みたいなことを教室の中の人しか知らせてないみたいな

 

あ、明日あるんだーみたいな
で、やって楽しかったねーで終わる


ということがもったいないよ

っていうのがひとつ


で、さらに言うと事前告知も事後報告も…

続きはNo2の音声です、書き起こしができ次第投稿します(*´ω`*)

 

無料メルマガ登録で特典プレゼント!
介護ビジネス集客セミナーの収録映像(合計92分)

さらに追加でもう1つ、スグに使える営業レポートも配布中です。
▼詳しくはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2020 All Rights Reserved.