デイサービスや老人ホームの集客をアップデートしよう!!!

営業力はやがて影響力になります

FUJIMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

幹部社員の会議をしていた時に、
何人かの管理者から質問がきました

ちなみに、
会議で話していたことは、USJと東京Dランドがどんな戦略で集客して
どんなことを水面下で仕掛けているのか、それをこっちの業界でどう活かすか

みたいなことです

当然ながら営業やセールスの力は絶対に必要ですが
管理者としてどこまで身に着けていくべきか?みたいな話もでました

「管理者にとって営業力は必須ですか?」

こう問われたら
経営者、理事長、社長、トップは何と回答してますか?
もし、
自分が管理者ならどう考えますか??

その時の私の回答は、

営業力のある人は
影響力を持っていくから必須

細かい話は省略しますが
影響力があるってことはとても有利です

良かれ悪かれ政治家は影響力の大きさで当選してます

だから

その事業所内で自分が思うことをやっていきたいとか
会社の中で次に昇進するのは自分なんだと思うなら
それはつまり、
影響力を今以上に広げたいと思ってる、ってことです

20代のスタッフも30代の管理者も
もっと営業力について真剣に考えて
今からでも身に付けておいた方がいいです

営業力はセールスマンだけが必須のスキルではないです

介護でもいたるところで活用する場面ってあります
ケアマネジャーも相談員も営業力が必要なんです

自分のプランを第三者に使ってもらう、ということは
自分のプランを買っていただく、ことと同じです

自分の計画書にサインをもらう、ということは
自分の計画書を買っていただく、ことと同じです

金銭のやり取りだけが営業ではないってことを知っておいてください

自分達の目指す介護は◯◯、というなら

つまりは、
自分達の理想の◯◯をセールスしていることになります

セールスは包丁と同じです

よく切れる包丁が悪いのではなく、
それを使って人を傷つけることが悪いのです

逆に正しい使い方をしても切れない包丁では
野菜も魚も切れません(効果は発揮されません)

セールス=営業力をもっともっと身に付けて
正しく活用していけばあなたの影響力はもっと大きく広がるんです

だから
「管理者にとって営業力は必須です」

 

無料メルマガ登録で特典プレゼント!
介護ビジネス集客セミナーの収録映像(合計92分)

さらに追加でもう1つ、スグに使える営業レポートも配布中です。
▼詳しくはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2016 All Rights Reserved.