デイサービスや老人ホームの集客をアップデートしよう!!!

保険外サービス活用ガイドブック

FUJIMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

出ましたね。
厚労省と農林水産省と経済産業相と3省合作。

解説もあるから詳細は割愛しますが、
まだまだこれから、っていう印象ですね。

当然ながら今までの流れや慣習や常識っぽいものから
抜け出しながら良い形を作っていかないといけない分野だらか
すぐに完璧を求めるのは間違った発想なので。

もし、一つリクエストができるなら
もっと「非・日常」があるサービスが欲しくなる人いるんじゃないかな。

保育園問題のあの話じゃないけれど・・・

介護保険使えないの私。

って標語がすぐに思い付く時代になっちゃったから
日常のことや生活自体を支えるサービスが多いのは
いいとしても、これではあまりにも
日常生活しかないな。

昔、アメリカ人の福祉関係者から
「自宅」と「施設」の違いについてこんな話を教わったことがある。

別のどこか、から帰る場所が「自宅」
居る場所からどこにも行かない(行けない)のは「施設」

なんとも的を得ていて納得できた覚えがあって、、

やっぱり「自宅での生活を〜」と言うからには
そこが帰ってくる場所でなきゃいけないし、
帰るからには外出したいし、その理由も欲しいし、
その受け皿や動機やきっかけや担い手なんかを
もっと増やしていきたいですよね。

と、思いながらペラペラ見てました。

今は日常生活を維持するのが精一杯だとしても
いずれはこっちにお金を使いたいですよね。

 

無料メルマガ登録で特典プレゼント!
介護ビジネス集客セミナーの収録映像(合計92分)

さらに追加でもう1つ、スグに使える営業レポートも配布中です。
▼詳しくはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2016 All Rights Reserved.