デイサービス集客を、もっと楽しくする新しいトビラ

自己成長モードになっている時に気を付けていること

FUJIMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

今あちこちの書店が休業になってしまって本好きの僕としては非常に残念なわけですが、自己成長モードというか、自分にギアが入った時に気を付けていることがあります。

結論として、

役に立つことをインプットするんじゃなくて、今必要なものをインプットする方が早く前に進む

という話しです。

実際、僕も心当たりがあるんですが、学びモードになると手当たり次第に興味のあるタイトルの本を買ってしまうことがあります。(一度に5冊とか)

月間ベストセラーになっているトップ1から5までとか、一番たくさん平積みされてる本を買ってしまうとか。

積極的に情報を取り入れようとしている姿勢なので、なんだか良い感じにも見えるんですが、こうした行動は自分の成長を遠ざけてしまう、という話を聞いたことがあります。

僕も最初聞いた時は「え?嘘でしょ?」だったんですが、よくよく聞くと「なるほどね!」になりました。

理由はシンプルです。

「役に立つこと」は「いつか役に立つこと」であって「今必要なこと」ではないので、いつやってくるか分からない「いつか」のために、情報をインプットしても身に付かないよ、というわけです。

情報はインプットの時ではなくアウトプットする時に身に付くわけなので。

博識になりたいなら別だけど、知識を使って自分を成長させるリアルが欲しいなら「今必要なこと」だけに集中して情報を入れる。

すると、必然的に、今必要なことなのですぐにアウトプットする機会もある。だから身に付く。

その方が早くステップアップする。

という話を何年か前に聞いたんですが、確かに!って思ったんです。

今の状況は「いつか役立つこと」より「今必要なこと」がハッキリと浮き彫りになっているので、ある意味チャンスです。

もしよかったら次の学びの機会に参考にしてみてください。

あと、余談なんですが、

食料品を買い占めたくなる心理も「あると役立つだろうから」であって、「今日明日すぐ必要だから」ではないように思います。

情報も同じで、たしかに役立つことは大事なことですが、今必要なことが見えないまま溜め込んでも頭でっかちになって動きが鈍ってしまうので気を付けたいですね。

 

無料メルマガ登録特典
介護ビジネス集客セミナーの収録映像(合計92分)

介護集客のコツがよくわかる動画。
▼詳しくはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2020 All Rights Reserved.