デイサービス集客を、もっと楽しくする

一つのイベントにかける労力でいくらリターンを得ている?

    
\ この記事を共有 /
一つのイベントにかける労力でいくらリターンを得ている?

ようやくですが
少しづつ気付いた管理者が増えてきました

というのも、
この時期はどこもかしこも
クリスマス会です

義務になっているかのごとく
ほとんどの施設でクリスマス会を繰り広げています

さらには
そのための準備として

様々な出し物であったり
創作物であったり、飾り付けもそうですが

多くの労力を1つのイベントに注ぎ込んでいます

ここで質問です

Q:それコストに見合ってる?

とある管理者は最近こう言いました

「この1日のために何ヶ月も前から準備をしているけど
結局、その日が終われば何も残らない、(思い出は残るけど)
これと同じことを続けていく必要あるんでしょうか?」

いや、これかなり本質突いてます
けっして管理者が冷めてる発言ではないですよ

学校行事の文化祭などで

クラス全員で劇を演じたり
出し物を作り上げて披露したり・・・・

それと同じ感覚で本番に向けて必死になって
準備をして本番をむかえるのはいいけれど、

当日終わったら祭りのあとのように
思い出しか残ってない・・・

思い出作りのために
年に何回も膨大な準備時間とスタッフの労力を消耗していて
いいのでしょうか?

という疑問に向き合っているということです

これ、あなたも同じように感じたことはありませんか?

これはイベントを否定する話ではなくて、

せっかく準備期間もかけているんだから
そのための残業もしているんだから
スタッフも必死になっているんだから
労力=コストをかけているわけだから

ちゃんとそれに見合った
リターンを視野に入れてやりたいね

という話なんです

学校行事であれば文化祭本番がピークでも構わないんですが
事業として、ビジネスでやっている方にとっては

その1日が楽しかった

という思い出だけがリターンでは間に合ってませんよね

利用者さんが「楽しかった」と思って頂くことは
大事です、が、それだけでいいの?ってこと

時には、イベントの準備でスタッフ同士が揉めたり
残業が続いて不満が出てきたりするリスクもあるわけですからね

新聞紙をクルクル丸める作業で
スタッフ同士が言い合いしている姿は
見ていて悲しくなりますよ

ということで
きちんとコストに見合ったリターンを取ってやりましょう

もちろんリターンは人それぞれ、会社それぞれです
ただし思い出だけというのは継続困難な時代、ということですね

─無料メルマガ登録特典─
「集客のヒントが見つかった!」と好評の

介護集客セミナー映像(90分)を公開中

さらに!!

2つ目の特典として完全書き下ろしの「集客レポート(14,000文字)」もプレゼント中です。デイサービスや介護施設の集客力アップに役立つヒントが盛りだくさんになっています。

この機会に「ふじみの無料メルマガ」に登録してセミナー動画&レポートをGETしてください。

※面接に悩みのある方はこちらもご覧ください
▼ ▼ ▼

Copyright©介護マーケター藤見のブログ,2022All Rights Reserved.