デイサービスや老人ホームの集客をアップデートしよう!!!

ケアマネモニター会に曲を使うテクニック

FUJIMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

ケアマネモニター会を行っていると

参加者同士のシェア時間や体を使った実技時間以外にも
音楽を使うと効果的な場面があります

それが筆記時間

例えばアンケートに記入をお願いしている間
など典型的な場面ですね

この時間の使い方が下手な事業所だと
「はい、それではアンケートの記入をお願いしま〜す」

と言っておきながら

『間』に耐えきれずに

すぐさま話し続けているんですよ

すると、

参加者がせっかく記入を始めようとしているのに
話を聞く作業と書く作業の2つを求めている状況になります

同時進行で
『聞きながら書く』ことが完璧にできる人はいいとしても・・・

ほとんどの人はどちらかに集中しようとしますよね

で、こういった場にいる人だと
ほとんどのケースで聞くを優先します

だって目の前で話している人を【無視】して
書き続けるのって結構勇気いりませんか?w

なので腕を上げろ!間に耐えろ!というのが
一つの答えでもあるんですが

仮に進行が下手っぴでも
ちょっとしたテクニックで挽回することはできます

それがッ!

使っていて『間』が怖くなくて
書いている人も集中できる選曲の

・・・カノンです

作曲者:ヨハン・パッヘルベル(1653年~1706年)

黄金のコードと言われるくらい
カノンに使用されているリズムはというのは心地良いです

実際に部屋で一人集中したい時に
流してみてると洋楽やPOPとは違った雰囲気に包まれることが
わかると思います

モニター会、セミナー、見学会など
どんな集まりでも『筆記時間』があるなら使えます

この曲を使うようになってから
3〜5分の記入時間は集中して書いてもらえますので
アンケートの記入量も以前より増えましたし

間に耐えられずに・・ということも無くなります

ぜひ一度試してみてください

 

無料メルマガ登録で特典プレゼント!
介護ビジネス集客セミナーの収録映像(合計92分)

さらに追加でもう1つ、スグに使える営業レポートも配布中です。
▼詳しくはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2017 All Rights Reserved.