デイサービスや老人ホームの集客をアップデートしよう!!!

デイサービスの案内チラシを添削する時に思うこと

FUJIMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

これがウチで使っているツール(パンフ・チラシ)です、と言って添削を頼まれた時に毎回思うのが

「これって本人的に心地よい見た目」で作ってますよね?

渡される初対面の相手は「不安で立ち寄らない見た目」になってるよ。

です。

その見た目はまるで「手を伸ばせばリモコンがすぐ届いて便利だろ」と言わんばかりの散らかった部屋をそのまま紹介されるような感じになっていて、本人にとっての「日常感のある風景」は、相手にとっての「散らかっているぞ」であることを誰かが教えてあげないと、っていつも思うのです。

言われないと案外いつまでも気づかない。

「招かれたい部屋」と「汚部屋」は違う

街にはコンビニの数以上にデイサービスが存在しているというのに、僕たちは一日に1回もそこに足を踏み入れていないのでやっぱりその扉の奥がどうなっているのかは、あまりわかっていない。

そんな未知の扉を開いてもらいたい時には、幼馴染の友人を部屋に呼ぶテンションで作ったツールでは絶対ダメで、本当に大事な人を部屋に招く前日のようにきちんと片付けをしておいた方が良い。

現に、そこに招いた友人から「こーゆー部屋好き〜」って言われるような(良いカッコしたい)意識で作った見た目のツールの方が(僕の周りでは)圧倒的に反響が良いわけだし。

そーゆー前提で添削をしていくわけなので、ある意味で「部屋の片付け方」から着手するケースが多いんだけど、添削を頼んでくれる人は「部屋の片付けより手っ取り早くそーゆー雰囲気になるイイ感じの照明が欲しい!」みたいなリクエストが来ることもあって、難儀するんだけども、僕もその人にはモテて欲しいので1つ1つ断捨離にお付き合いしてもらうにしている。

部屋の住人は普段通りの楽に過ごせる部屋をそのまま見せ過ぎている。
そういった日常感満載すぎる部屋は初見の人からはあまり心地よいものにならないよ。と。

 

無料メルマガ登録で特典プレゼント!
介護ビジネス集客セミナーの収録映像(合計92分)

さらに追加でもう1つ、スグに使える営業レポートも配布中です。
▼詳しくはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2018 All Rights Reserved.