デイサービスや老人ホームの集客をアップデートしよう!!!

介護の制度やルール変更が行われる時に、天に向って叫びたい気持ちはわかるけれども

FUJIMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、藤見です。

もちろん、叫びたくなる気持ちはわかるよ、という前提での話です。

介護に関する制度やルール変更が行われる時に

「なんだこのルールはー!現場の実態を知っているのかー!」

と反論したい気持ちになった人は多いと思うし、

「現場のリアルを知ってるのかー、同じ仕事をやってから政策を考えてみろー!」

なんてことを天に向かって叫んでいる人もいるかもしれない。

でも、

でもね、

たぶんだけど。

あっち側にいる人も同じように思ってるんじゃないかな、なんて思うわけですよ。(そうあって欲しくはないんだけども)

たとえばさ

「ルールを作りたいならこっちに来てみろー!」

・・って。

絶対口に出さないけど、思ってんじゃないかな。

だからね、やっぱりね。

規制という土俵の上のビジネスである以上は「踏まえて乗り越える」しかないと思うわけですよ。

悔しいとか腹が立つとか、そういうレベルでの話じゃなくて、その土俵に上がったのは自分なんだから、という意味で。

で、同じように・・・

日本という土俵にいる以上は、マスクが2枚なのか、布製なのか、はさておき。。

決まったことなら天に叫んでも仕方ない。

(ものすごく悲しいけれども)

そうした事実を踏まえて乗り越える。

その先の道を探す方にエネルギーを使う。

そっちの方がいいですよね。

そんなことを思わずにいられない昨日と今日です。

(まだ使い捨てマスク残ってるから誰かにあげよっと)

 

無料メルマガ登録特典
介護ビジネス集客セミナーの収録映像(合計92分)

介護集客のコツがよくわかる動画。
▼詳しくはコチラ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
FUJIMI
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2020 All Rights Reserved.