デイサービス集客を、もっと楽しくする新しいトビラ

デイサービスがLINE公式を情報発信に使うとどうなるだろう?という話

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも藤見です。

デイサービスの空き情報をLINEで届けてみようか?

ということで、

とある事業所で「LINE公式」の活用に動き出してみました。

僕も正直すごく詳しいわけじゃなかったので、信頼できる人に講習をしてもらってアカウントを作ったのがちょうど3ヶ月程前です。

当時はLINE担当になったスタッフさんも藤見も、「へぇ〜・・そうやって使うのね」といった完全無知の状態からでしたが、なんとか手を動かしてLINEの画面に表示させるリッチメニューを作ったり、自動返信用のメッセージを作ったりしていきました。

きっとLINE担当になったスタッフさんはこうした自動返信メッセージを作るよりも国保連の請求をするほうが100倍手慣れた作業だったと思います(笑)

そしてようやく6月から、LINE登録用の案内チラシを地域に配布することを始めました。

デイサービスがLINE公式を情報発信に使うとどうなるだろう?

LINE公式のアカウントを用意したとしても、そこに友だち追加(登録)をしてもらわないことには話しが前に進みませんので、各種設定を進めると同時に「登録用チラシ」を作って、さっそく6月に100件の居宅さんや病院などの関係先に郵送しました。(これからもっと送る予定ではいます)

まだこの1回郵送しただけですが、さっそく20名ほど「友だち追加」をしてもらうことができました。

(この他にも自社スタッフや居宅ケアマネも登録してくれています)

今回、LINE公式に登録してくれた人は、今まで電話やFAXや対面営業といった手段でコミュニケーションを取ってきた人達ですが、今後その人達とオンラインで繋がれるのはとても伸びしろがあると思っています。(スマホやデスクのPCに「こちらの介護情報」をダイレクトに届けることが出来るわけなので)

やっていると感じるのが、最初の設定段階では「実際の登録者」がいない状態なのでワクワク度が低かったのですが、友だち数が可視化できるところまで進んでみるとめちゃくちゃ実感と手応えを感じられるようになります。

LINE担当のスタッフさんもすごくテンションが上がっていて、配信内容を考えるのに必死になってました。

ここからもっと登録してもらえる人を増やすと同時に発信する情報にも色々と工夫をしていきたいと思います。

そして何より皆で楽しみながらやっていきたいと思います。

この法人の地域で同じような取り組みをしているところはまだ1つもないので、今後どのように展開していくか楽しみです。

また進捗を書いてみますね。

それでは、また!

メルマガ登録特典
介護ビジネス集客セミナー
収録映像(合計92分)が無料視聴できます

介護集客に取り組む方にオススメの内容はコチラから▼
メルマガ登録者限定のオンライン講座もやっています

この記事を書いている人 - WRITER -
34才の時にサラリーマンから独立をして会社を設立。現在は介護ビジネスオーナーの方と一緒に仕事をしています。業界の既成概念に縛られない働き方が好きです。 無料メルマガも絶賛発行中です。 最近は介護×映像・介護×カフェなど色々な分野とのコラボにも挑戦しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 介護マーケター藤見のブログ , 2021 All Rights Reserved.